ウェディング前撮り

一緒に働きませんか?

本日は写真等はございません!

わたくし、谷口 雄一はブライダルコア伊谷専属カメラマンとして5年間撮影をしておりますが
”撮影”といっても色んなジャンルの撮影をさせて頂いております☆
弊社式場の砂丘の家RAYGARDENでご結婚式を挙げてくださった新郎新婦様にお子様が産まれたと連絡を受けたら
お宮参りのお写真や、ハーフバースディのお写真等を撮らせて頂いたり、何周年かの記念にお写真を撮らせてもらったり
成人式の撮影や、大学生の撮影などや、ご婚礼の撮影、時には叙勲の撮影、還暦撮影や、遺影の撮影、家族写真なんかも承っており色々なジャンルのポートレート撮影をさせて頂いております。

そんな撮影の裏側に本日は迫っていきたいと思っておりますが、
そもそも撮影ってただただカメラがあったら撮れるかって言ったらそうではなくってそれに付随する色んな機材があるのですが
プロの現場では、その機材こそが重要だったりします。
時には一人では抱えきれない程の機材だったり、色んな場面があるのですが
どんな撮影でも力になって頂いているのが、カメラマンアシスタントです☆
このカメラマンアシスタント無しでは、撮影は成り立ちません!!って言い切れるくらい本当に重要な役割です☆
じゃあカメラマンアシスタントってどんな事するのか?って言うとそもそも弊社の撮影スタイルについて少し触れておきますと、
弊社は冠婚葬祭の衣裳を取り扱うお店です☆
衣裳や小物に愛着やこだわりがあり大切に取り扱っているお店でもありますので
撮影時では、衣裳の特徴は、質感素材感、更に色やそれぞれこだわりポイントを綺麗に撮影し、尚且つお客様自身も綺麗に撮影出来るカメラマンを目指しておりますので
”光”にすっごくこだわります☆
時には、スタジオ機材によるライティングによる光ですが基本的にはその日その時の自然の光を活かした撮影を心がけているつもりです☆
ですので、その光を事前に確認し、その光を活かせる時間を考えた進行を段取り、その光に合う撮影内容を考えます☆
ただ、光は生物と一緒で綺麗な時は一瞬で、すぐに消えて無くなってしまうのです。
そんな儚い光ですので、その光を活かすためには反射板を活用したり、人工的な光ストロボを使用して光を補助したりしているのですが
お客様のお顔ばかりでなく、衣裳的に綺麗に映すためにはこのアシスタントさんが先回りしてくれて機材や、モノを準備してくれたり、
お客様を楽しませてくださったり、カメラは持ってないけどもう一人のカメラマンとして補助してくれてます。
カメラマンアシスタントさとカメラマンの二人が力を合わせて撮影し、更に弊社の撮影ではディレクターが居て撮影の内容を決めたり、時には弊社スタイリストが付いて
衣裳や写真の中身自体をスタイリングしてくれたり、時には更に衣裳アシスタントが付いて衣裳が最高の状態で撮影出来るようにしてくれたりと
チームで撮影してそのチームで役割分担しながら撮影しております。
ただ、それぞれの役割に一人一役で付けない撮影の方が多いですので、一人が何役もして撮影させてもらってますので
スタッフとしてはとてもスキル向上で日々精進しながら撮影出来るのでやりがいある現場ですのでチームワークがとても良い環境ともいえます☆

ただ、わたくし個人の最近の悩みとしては人手不足です・・・。
わたくしは、何度もこの場所でも言ってきておりますが夢を追いかけながら一生に一度の素敵な撮影をさせてもらっている事に誇りを感じながら
撮影させて頂いておりますが、
なかなか楽しい事ばかりではなくて、やはり最高の瞬間、最高の写真撮影をさせていただくためには厳しい事や、一般的に大変と思う事の方が多いです。
カタチあるモノを売っているのではなく、夢を売り、その夢を叶える技術はやはり日々向上しないといけませんので
その為にもチーム内の一人ひとりのスキルが向上しないといけないのでなかなか大変な世界です。
ただ、そんな大変なお仕事でもお客様に笑顔になって頂いたり、ありがとうって言ってもらっただけでそんな気持ちが一瞬で忘れれるくらい
達成感とやりがいを感じれる仕事です☆
そんなお仕事をチームの一員となって一緒に働いてくださる方を募集しております!!
ここに記述している内容だけが仕事内容ではありませんが、とにかく写真が好きな方を募集しております!
気になった方や、心当たりのある方はまずは気軽にわたくしにご連絡頂ければと思います☆

ブライダルコア伊谷
写真部門 谷口 雄一

TEL:0857-22-4382
MAIL:E-MAIL photo@itani.biz

是非ともご連絡下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です