ウェディング前撮り鳥取の風景

なかよし♪

鳥取ロケーションフォトウェディング和装

こんばんわぁ☆
谷口 雄一です。
本日は、昨年撮影させてもらっておりますお客様のお話です☆
このお二人の新郎とは、地元の後輩でウェディングのプロデュースもさせてもらったお客様の一人です☆

ただ、撮影でバタバタしていた時期でもあり、お二人との打ち合わせもままならない状態で、こんな状態で
お二人、ご家族にご迷惑おかけしちゃうって勝手に思って、勝手に二人のウェディング担当&カメラマンって関係ではなく
カメラマンだけに専念させて欲しいってお願いしたのですが、お二人にとってそんな失礼な話は無いのですが
それで特に地元の後輩(新郎)のご家族の信用を失ってしまってそのような連絡をご婚礼から数ヶ月前の状況で受けて
その日にすぐに謝りに行かせてもらい、お二人の結婚式を担当する自信は無いけど、そのかわり二人体制でさせて欲しいって事で納得して頂き
本当に精一杯の事をしたつもりで、結婚式当日披露宴が終わってから後輩(新郎)の家族から
「谷口さんに担当してもらって本当に良かった!ありがとう!」って言ってもらって本当に涙が出そうだったのですが
結婚式当日までには、お客様一人一人にドラマがあり、そんなお客様の大切な一生に一度の節目を色んな形でお手伝いしている
ブライダルコア伊谷のスタッフとのドラマがあります。
わたくしは、カメラマンとしてお客様に接する機会の方が多いのですが
それでも、お客様に喜んで頂け、お客様が一生の宝物として写真を大事にしてくださってるのが本当に嬉しく思うばかりです☆
さて、話が長くなってしまってはいけないので
このお二人の撮影でも色々なドラマがあったのですが、
和装1着、洋装2着の合計3着での撮影で、支度は鳥取市鹿野町にある”みどり美容室”という素敵なスタッフ様がいらっしゃるお店からスタートしております。
新婦様行きつけの美容室で、”鹿野”という町並みがとってもレトロな城下町なのでそこを是非とも撮影させていただけたらと思い精一杯暑い中撮影させてもらいました☆
色ドレスは、新郎とわたくしの地元である岩美郡岩美町で撮影☆
地元の人しか知らない場所での撮影をメインにしてましたので、なかなか見てもん~~・・・って思ってしまうかもしれませんがそれでも
わたくしにとってみたら、岩美町で撮影できる興奮と、秋っぽさを全面に出せたからそういう意味では最高の時間でしたし、
白ドレスは鳥取砂丘での撮影でしたが、計画どおり日の入り時間を計算に入れた撮影でしたので
ちょうど夕日が沈むのを眺めながらの撮影でしたので、この撮影現場にいたスタッフはとっても素敵な景色を眺めながら最高の時間を過ごす事が出来ました☆
さて、では、鹿野町 → 岩美町 → 鳥取砂丘での撮影写真を良かったら見て下さい☆
Shikano-1
Shikano-2
Shikano-3
Shikano-4
Shikano-5
Shikano-6
Shikano-7
Shikano-8
Shikano-9
Shikano-10
Shikano-11
Shikano-12
Shikano-14
Iwamiphoto-1
Iwamiphoto-2
Iwamiphoto-3
Iwamiphoto-4
Iwamiphoto-7
Iwamiphoto-8
Iwamiphoto-9
Iwamiphoto-10
Iwamiphoto-12
Iwamiphoto-13
Iwamiphoto-14
Iwamiphoto-15
Tottori-a
Tottori-b
Tottori-c
Tottori-d
Tottori-e
Tottori-f
Tottori-g
Tottori-h
Tottori-i

最後の写真は余計だったかもしれませんが
小さい時から一緒の後輩だったので、撮影しながらすっごく嬉しくって、まさか後輩の写真を自分が撮ってるって未来を想像してなかった
だけに凄く貴重な機会を頂けて最高でしたぁ☆
この撮影ちょうど昨年の9月5日撮影しており、あれから1年早いなぁ~って思いながらこのブログを書いております。
とても暑い日で、本当に日焼けがすごかったのですがそれでもお客様にも喜んで頂き、さらにスタッフ、美容師様、チーム一丸となってお客様をおもてなしできた事に
誇れた一日となった事を自信にしてます☆

後輩は写真を撮られるのが苦手で、男性にはとっても多い話なのですが
男性は成人式でも写真館に行って写真を撮影するって方は凄く少ないので七五三以来のスタジオ撮影です!って話良く聞きますが
そんな男性でも、恥ずかしがり屋な男性でも、お客様にとって一日を無駄にしてほしくないので
緊張しなくても撮影を楽しんで頂けるよう、チームで精一杯尽力しております。
かしこまったポーズだけではない婚礼の撮影はやっぱり楽しい!って思える一日でした☆
いつも長い文章をすみません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です